ECサイトの適正在庫|従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入
婦人

従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入

ECサイトの適正在庫

倉庫

在庫のIT管理術

小売業や卸売業は毎日大量の商品を扱い、顧客の注文や要望に応じて迅速に商品が提供できるよう常に一定の在庫を持つことが求められます。この在庫量は多すぎても少なすぎても業務に支障を及ぼすだけでなく、過剰在庫は経営を圧迫することにもつながりかねません。また在庫が少なすぎると顧客の要望に応えられなくなり、販売チャンスロスが顧客離れにも結びついてしまうのです。こうした事情から小売業や卸売業では在庫管理が重視され、有能な担当者ほど上手に在庫を調節してきました。本来は高度なテクニックを要するこの管理術も、IT技術を利用した在庫管理システムを導入することでどの企業でも実践できるようになります。メディア等で広く周知されているわけではありませんが、在庫管理システムは小売業や卸売業に属する企業の多くが利用している便利なITツールなのです。現在ではバーコードリーダーを備えたハンディ端末やスマートフォン・タブレットで利用可能な在庫管理システムが増えており、製造業でも広く利用されています。基幹システムや販売管理システムと連動させることによって受注から出荷・売上までが一元管理され、業務負担が大幅に軽減されます。

ECサイトとの連携

最近では多くの小売店舗が実店舗の他にECサイトを展開しており、ECサイトに特化した小売形態も珍しくありません。ECサイトの持つメリットの1つとして、実店舗に商品の在庫を置く必要のない点が挙げられます。全国に張り巡らされた配送網を背景に、必要最低限の在庫だけで運営できる点がECサイトの持つ優位性なのです。そのためECサイトを運営する企業では、実店舗とはまた違った在庫管理術が求められることになります。特に現在ではECサイトにも単なる販売目的ではなく、訪問客に有益なコンテンツを提供するメディアとしての性質が求められるようになりました。コンテンツメディアとしての性格を兼ね備えたECサイトほど高支持を得ており、検索エンジンでも上位に表示される傾向が見られるのです。このようなサイトは過剰在庫の商品を廉価販売するよりも、有益な情報を利益率の高い商品の売上に結びつけるような販売方法が適しています。価値ある情報を提供するメディアとしてのECサイトを運用していくためには、適正在庫の維持管理が不可欠です。ECサイトと連携した在庫管理システムを導入することで、変動する通販市場でも優位に立つことができます。