災害時に役に立つシステム|従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入
婦人

従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入

災害時に役に立つシステム

メンズ

自動配信が可能

2011年の東日本大震災以降、各企業が積極的に問い入れているシステムに安否確認があります。安否確認は、災害が所持た時に従業員の安否を瞬時に確認できるシステムです。従業員の数が多い企業ほど役に立つシステムになっています。実際に東日本大震災の際には、従業員の安否の確認が取れるまで数日を要することもありました、連絡が取れないことが継続したのです。安否確認システムは災害が発生したときに安否確認のメールや電話が自動で発信されます。そしてそれに回答することでデータべース上にアンプ情報がインプットされる仕組みになっています。この中で安否が確認が取れない人には継続して確認メールが配信される仕組みになっています。

災害復旧の見込みが可能

人の手を介さずに安否を確認することができるため、災害時には役に立つシステムになっています。災害時では何が起こるかわかりません。安否確認を行う人が災害に巻き込まれる可能性もあるのです。そのため、自動化させることで安否情報を一元管理させることができるのです。実際に出社できるかなどの情報もインプットすることができるため、災害の復旧作業の役割や割り振りをスムーズに行う事もできます。これらの安否確認情報はクラウドシステムを利用しています。災害でデータセンターが壊滅的な被害を受けた際には、役に立ちませんが、複数のデータセンターを利用するなど対策は可能になっています。このときのデータセンターは最後の砦として考えておく必要があります。