確実な債権回収を実現する|従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入
婦人

従業員同士のコミュニケーションが楽になるグループウェアの導入

確実な債権回収を実現する

女の人

与信管理を徹底する

債権管理をするにあたって、債権管理システムを導入することは大切です。しかし、その前に与信管理を徹底することが重要です。与信管理とは、新規または既存の得意先に対してどの程度なら掛取引を行ってよいか判断することです。新規の得意先が現れたときは、まず第一に信用調査会社からデータを入手します。金融機関も企業に融資する際に利用することで有名で、かなり信用に足りる情報です。ただ利用するためのコストが発生しますので、得意先から直接決算情報を入手することができればコストをかけずに済みます。これらの財務情報から売掛金の限度額である与信限度額を設定します。この限度額を上回らないように営業担当者としっかりと連携していく必要があります。

管理システム

事業を円滑に進めていくうえで、債務、債権管理システムを導入することは必要不可欠だと思います。最も多く発生する売掛債権は、日々様々な得意先により発生し、個々に支払われ消化されます。これらの売掛金の発生と入金をしっかりとひも付けるのが管理システムです。銀行のFBデータと連動して突合を行う機能があるシステムも便利です。これらのことで取引先ごとの売掛金の滞留状況を把握し、キャッシュフロー管理を行っていきます。さらに、受取手形や小切手の管理も重要であることは言うまでもありません。特に受取手形は不渡りになる可能性があり、その未回収を防ぐために、個々の手形の取立て、銀行割引、裏書譲渡など、債権管理システムによって手形の最終的な流れを把握していきます。